DOCTOR院長よりご挨拶

院長

わたり 一平いっぺい

熊谷わたり矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。
院長の渡一平と申します。

22年に亘って、国立大学法人東京医科歯科大学および東京医科歯科大学病院(歯学部附属病院より改称)にて、矯正歯科臨床・教育・研究に携わってまいりました。
臨床では、国内や海外から訪れる患者さまの矯正治療を担当させていただき、数多くの臨床経験を積み、日々治療技術の向上に努めてきました。
教育では、歯学部を卒業して免許を取得した歯科医師の卒後教育(歯科矯正学)と臨床指導(矯正歯科治療)を行ってきました。
研究では、咬み合わせの機能に関する臨床研究と、顎顔面口腔および関連臓器の基礎研究(生化学、組織学、分子生物学)に取り組んできました。

『歯並び・咬み合わせ』は、食べ物をよく咬んで飲み込みやすくする咀嚼機能や、素敵な笑顔や美しい口元などの審美的・心理的な側面に関係するだけではなく、食べ物の味を感じる味覚や、胃や腸での消化吸収・糖代謝、さらには記憶や学習などの脳機能にまで関係することが最近の研究でわかってきました。

超高齢化社会において、一生自分の歯で食べ物をおいしく味わって楽しく食事をするためには、良好な歯並び・咬み合わせはとても重要です。これまで培った知識・技術・経験を総動員して、お一人お一人の患者さまが健康的で良好な歯並び・咬み合わせを生涯にわたって維持できるよう、全力で治療に取り組んでまいりたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

経歴

  • 1996年
    東京医科歯科大学歯学部歯学科入学
  • 2002年
    東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
  • 2002年
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科入学
    (咬合機能矯正学)
  • 2006年
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科卒業
    (咬合機能矯正学)
    歯学博士 取得
  • 2006年
    東京医科歯科大学歯学部附属病院 矯正歯科外来 医員
  • 2008年
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 助教
    (咬合機能矯正学)
    卒後2年目教育補佐担当
    (矯正歯科 2008年4月~2009年3月)
  • 2008年
    日本矯正歯科学会 認定医 取得
  • 2010年
    東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正歯科外来 卒後新人教育担当(咬合機能矯正学分野 2010年4月~2012年3月)
  • 2013年
    育児休業(2013年5月~2014年4月)
  • 2017年
    東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正歯科外来 卒後新人教育担当(咬合機能矯正学 2017年4月~2019年3月)
  • 2023年
    東京医科歯科大学病院(矯正歯科)助教
  • 2023年
    東京医科歯科大学病院矯正歯科外来 卒後新人教育担当
    (咬合機能矯正学 2023 年4月~2024年2月)
  • 2024年
    熊谷わたり矯正歯科 開設
    東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野 非常勤講師

資格・所属学会

『資格』

  • 歯学博士(東京医科歯科大学)
  • 日本矯正歯科学会認定医

『所属学会』

  • 日本矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • アメリカ矯正歯科学会
  • 世界矯正歯科連盟
  • 日本糖尿病・妊娠学会
  • 日本味と匂学会

研究論文

2024年

Srisutha J, Watari I, Akakura M, Watanabe M, Changsiripun C, Ono T. P2X7Rand P2X4R expression of mice submandibular gland in high-fat diet/streptozotocin-induced type 2 diabetes. Sci Rep. 2024 May 13;14(1):10855.
Press release https://www.tmd.ac.jp/press-release/20240531-1/

Sangsuriyothai P, Watari I, Serirukchutarungsee S, Podyma-Inoue KA, Ono T. Expression of glucagon-like peptide-1 and glucose-dependent insulinotropic polypeptide in the rat submandibular gland is influenced by pre- and post-natal high-fat diet exposure. Front Physiol. 2024 Mar 26;15:1357730.
Press release https://www.tmd.ac.jp/press-release/20240327-2/

Narukawa M, Matsuda R, Watari I, Ono T, Misaka T. Effect of salivary gland removal on taste preference in mice. Pflugers Arch. 2024 Jan;476(1):111-121.
Press release https://www.kyoto-wu.ac.jp/gakubu/faculty/shokumotsu/news/rhnb30000001iejj.html

2023年

Serirukchutarungsee S, Watari I, Narukawa M, Podyma-Inoue KA, Sangsuriyothai P, Ono T. Two-generation exposure to a high-fat diet induces the change of salty taste preference in rats. Sci Rep. 2023 Apr 7;13(1):5742
Press release https://www.eurekalert.org/news-releases/987043?language=japanese
https://www.tmd.ac.jp/press-release/20230410-1/

Serirukchutarungsee S, Watari I, Sangsuriyothai P, Akakura M, Ono T. The Effect of Two-Generation Exposure to a High-Fat Diet on Craniofacial Morphology in Rats. J Clin Med. 2023 Feb 28;12(5):1903.

2022年

Shams SM, Watari I, Saito E, Ono T. Molar extraction alters gastric mucosa and ghrelin expression in rat stomach: A preliminary study APOS Trends in Orthodontics. 2022.08; 12 (2): 86-93.

Arai S, Kato C, Watari I, Ono T. Does Orthodontic Treatment Change the Preferred Chewing Side of Patients with Malocclusion? J Clin Med. 2022 Oct 27;11(21):6343.

Kato C, Watari I, Aida J, Ono T. Factors associated with the eruption of the impacted maxillary third molars after second molar extraction. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2022 Nov;162(5):636-644.e4

2020年

Saito E, Watari I, Mizumachi-Kubono M, Hsu-Hayashi S, Ono T. Occlusional Modifications Reversibly Alter Aquaporin 5 Expression and Localization in Rat Salivary Glands. Front Physiol. 2020 Jun 10; 11:528.

Yang W, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Watari I, Ikeda Y, Guo X, Watabe T, Ono T. Mechanoresponsive and lubricating changes of mandibular condylar cartilage associated with mandibular lateral shift and recovery in the growing rat. Clin Oral Investig. 2020 Oct;24(10):3547-3557.

Guo X, Watari I, Ikeda Y, Yang W, Ono T. Effect of functional lateral shift of the mandible on hyaluronic acid metabolism related to lubrication of temporomandibular joint in growing rats. Eur J Orthod. 2020 Dec 2;42(6):658-663.

2019年

Ren E, Watari I, Jui-Chin H, Mizumachi-Kubono M, Podyma-Inoue KA, Narukawa M, Misaka T, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction alters sweet taste preference and sweet taste receptors in rat circumvallate papillae. Acta Histochem. 2019 Feb;121(2):135-142.

Beauboeuf R, Watari I, Saito E, Jui-Chin H, Kubono-Mizumachi M, Ono T. Alterations in the gustatory papillae after anterior bite plate insertion in growing rats. J Orthod Sci. 2019 Feb 20; 8:4.

2018年

Hsu JC, Watari I, Funaki Y, Kokai S, Ono T. Unilateral nasal obstruction induces degeneration of fungiform and circumvallate papillae in rats. J Formos Med Assoc. 2018 Mar;117(3):220-226.

2016年

Abbassy MA, Watari I, Bakry AS, Ono T, Hassan AH. Calcitonin and vitamin D3 have high therapeutic potential for improving diabetic mandibular growth. Int J Oral Sci. 2016 Mar 30;8(1):39-44.

2015年

Ono R, Watari I, Kubono-Mizumachi M, Ono T. GLP-1R expression in the major salivary glands of rats. J. Oral Biosci. 57(4) 200-204, 2015.

2014年

Aoyama E, Watari I, Podyma-Inoue KA, Yanagishita M, Ono T. Expression of glucagon-like peptide-1 receptor and glucose‑dependent insulinotropic polypeptide receptor is regulated by the glucose concentration in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells. Int J Mol Med. 2014 Aug;34(2):475-82.

Privatananupunt J, Watari I, Podyma-Inoue KA, Kubono M, Ono T. Expression of glucose-dependent insulinotropic polypeptide and its receptor in the rat major salivary glands. Acta Histochem. 2014 May;116(4):545-50.

Hsu JC, Watari I, Ono R, Privatananupunt J, Mizumachi-Kubono M, Honda K, Ishida Y, Ono T. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction in rats. Acta Odontol Scand. 2014 Nov;72(8):880-6

2012年

Mizumachi-Kubono M, Watari I, Ishida Y, Ono T. Unilateral maxillary molar extraction influences AQP5 expression and distribution in the rat submandibular salivary gland. Arch Oral Biol. 2012 Jul;57(7):877-83.

Kure-Hattori I, Watari I, Takei M, Ishida Y, Yonemitsu I, Ono T. Effect of functional shift of the mandible on lubrication of the temporomandibular joint. Arch Oral Biol. 2012 Jul;57(7):987-94.

2011年

Honda K, Watari I, Takei M, Ono T. Changes in the microstructure of the rat alveolar bone induced by unilateral molar extraction and estrogen deficiency. Orthodontic Waves. 2011. 70. 4. 143-150

Kuroda Y, Yonemitsu I, Hosomichi J, Watari I, Takei M, Ishida Y, Ono T. Intermittent posterior displacement of the rat mandible in the growth period affects the condylar cancellous bone. Angle Orthod. 2011 Nov;81(6):975-82.

2010年

Abbassy MA, Watari I, Soma K. The effect of diabetes mellitus on rat mandibular bone formation and microarchitecture. Eur J Oral Sci. 2010 Aug;118(4):364-9.

2008年

Abbassy MA, Watari I, Soma K. Effect of experimental diabetes on craniofacial growth in rats. Arch Oral Biol. 2008 Sep;53(9):819-25.

2006年

Watari I, Kaneko S, Podyma-Inoue KA, Yanagishita M, Soma K. The Effect of Leptin on Rat Maxillary Alveolar Bone under Mechanical Stimuli. J. Oral Biosci. 49(1) 74-83, 2007.

学会発表

2023年

Srisutha J, Watari I, Akakura M, Watanabe M, Ono T. The P2X7R and P2X4R expression of mice submandibular gland in high-fat diet/streptozotocin-induced type 2 diabetes. 82nd Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society

赤倉 正人, 渡 一平, 小野 卓史 2型糖尿病モデルマウスにおける顎下腺GLP-1受容体発現に関する予備的研究 第82回日本矯正歯科学会学術大会

加藤千帆, 渡 一平, 小野 卓史. 下顎第二大臼歯抜歯に伴う第三大臼歯排列による歯槽骨吸収及び歯根吸収へ与える臨床的特徴 第82回日本矯正歯科学会学術大会

渡辺 美南, 渡 一平, 赤倉 正人 ,Jiratchaya Srisutha ,小野 卓史 2型糖尿病モデルマウスにおける胃グレリン発現に関する予備的研究 第82回日本矯正歯科学会学術大会

新井 修子, 加藤 千帆, 渡 一平, 小野 卓史. 矯正歯科治療が不正咬合患者の習慣性咀嚼側に与える影響 第82回東京矯正歯科学会学術大会

2022年

Alsulaili A, Watari I, Serirukchutarungsee S, Sangsurihothai P, Ono T. Maternal high-fat diet induces alterations in connexin43 expression in offspring male rat submandibular salivary glands. 97th Congress of the European Orthodontic Society

Sangsuriyothai P, Watari I, Serirukchutarungsee S, Satrawaha S, Podyma-Inoue KA, Watabe T, Ono T. Trans-generational Effect of High-fat Diet on Submandibular Gland of Rats. 100th International Association of Dental Research (IADR) General Session

2021年

Serirukchutarungsee S, Watari I, Narukawa M, Poryma-Inoue KA, Watabe T, Ono T. Maternal high-fat diet in pregnancy and lactation period induces the change of taste preference in offspring. 2021 Annual Virtual Conference of the European Orthodontic Society.

2020年

Saitou E, Watari I, Mizumachi-Kubono M, Ono T. Occlusional modifications reversibly alter aquaporin 5 expression and localization in rat salivary glands. 9th International Orthodontic Congress 〔12th Asian Pacific Orthodontic Conference (APOC) / the 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society (JOS)共催〕

2019年

Watari I, Hsu JC, Ren E, Beauboeuf R, Ono T. Does malocclusion alter the gustatory function? Histological and behavioral study using the molar extraction model. 97th International Association of Dental Research (IADR) General Session 〔48th Annual Meeting of the American Association for Dental Research (AADR), 43rd Annual Meeting of the Canadian Association for Dental Research (CADR)共催〕

渡 一平, 加藤 千帆, 米満 郁男, 臼見 莉沙, 木村 綾, 新井 修子, 笠原 由紀, 阿部 泰典, 小野 卓史: III級不正咬合患者の治療前後における上部気道形態と舌骨位に関する予備的調査 第78回日本矯正歯科学会学術大会

2018年

新井 修子, 渡 一平, 小野 卓史: 不正咬合患者における習慣性咀嚼側と下顎骨偏位および咬合平面傾斜角との関連性についての予備的調査 第77回日本矯正歯科学会大会

加藤 千帆, 渡 一平, 小野 卓史: 進行性下顎頭吸収を伴う患者の顎口腔機能解析 第77回日本矯正歯科学会学術大会

2017年

若杉 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 水町 真理子[窪野], 小野 卓史: 次世代シークエンサーを用いたマウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるGLP-1関与遺伝子の解析 第76回日本矯正歯科学会大会

任 尓舒, 渡 一平, 許 瑞瑾, 井上 カタジナ・アンナ, 水町 真理子[窪野], 渡部 徹郎, 小野 卓史: 片側鼻閉はラット味覚受容器に影響を与える 日本矯正歯科学会大会

齋藤 絵里, 渡 一平, 水町 真理子[窪野], 許 瑞瑾, 小野 卓史: 歯根膜刺激の低下および回復は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える 第76回日本矯正歯科学会大会

2016年

Beauboeuf R, Watari I, Hsu JC, Mizumachi-Kubono M, Podyma-Inoue KA, Watabe T, Ono T. Expression of GLP-1 and GLP-1 receptor in rat circumvallate papillae during growth period. 17th International Symposium on Olfaction and Taste

Ren E, Watari I, Hsu JC, Ono R, Wakasugi-Aoyama E, Mizumachi-Kubono M, Podyma-Inoue KA, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction affects taste cells in circumvallate papillae in rats. 17th International Symposium on Olfaction and Taste

2015年

渡 一平, 米満 郁男, 小野 理恵子, 小野 卓史: 下顎前歯部に上顎過剰歯の移植を行ったAngle Class I叢生症例 第74回日本矯正歯科学会大会

Watari I, Privatananupunt J, Hsu JC, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Miyazaki M, Ono T. Altered craniofacial morphogenesis in offsprings of rats with gestational diabetes. 91st Congress of the European Orthodontic Society

2014年

若杉 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 柳下 正樹, 小野 卓史: マウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるインクレチン受容体の発現はグルコース濃度の影響を受ける 第73回日本矯正歯科学会大会

渡 一平, パイワッタナヌパン・ジュティポーン , 許 瑞瑾, 井上 カタジナアンナ, 若杉 絵美奈, 小野 卓史: 妊娠中の耐糖能低下が母体の口腔内および新生児の頭蓋顎顔面発育に与える影響 第3回女性健康科学研究会

2013年

青山 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 柳下 正樹, 小野 卓史: MC3T3-E1細胞におけるインクレチン受容体の発現変化 第55回歯科基礎医学会学術大会

内藤 美生, 下山 和弘, 渡 一平, 小野 卓史, 吉増 秀實, 品田 佳世子: 矯正歯科治療患者の口腔清掃に関する意識調査 第9回日本歯科衛生学会学術大会

小池 紗里奈, 今井 治樹, 澤田 亜理沙, 舟木 幸葉, 池田 侑平, 沖藤 明日香, 宮崎 睦, 臼見 莉沙, 加藤 千帆, 石田 宝義, 渡 一平, 細道 純, 簡野 瑞誠, 小野 卓史 不正咬合者の関節窩形態と顎運動の関連性 第72回日本矯正歯科学会大会

2012年

服部 育子, 渡 一平, 武居 真希, 石田 雄之, 米満 郁男, 小野 卓史: 成長期の下顎骨機能的側方偏位が顎関節潤滑能に与える影響について 第77回口腔病学会学術大会

小野 理恵子, 渡 一平, 窪野 真理子, 石田 雄之, 服部 育子, 本田 康二, 小野 卓史 唾液腺におけるGLP-1受容体の発現は咬合状態に影響される 第71回日本矯正歯科学会大会

加藤 千帆, 臼見 莉沙, 服部 育子, 清水 康広, 小池 紗里奈, 古森 紗知子, 柴田 真衣, 石田 宝義, 渡 一平, 簡野 瑞誠, 小野卓史 矯正患者の顎関節症状に関するアンケート調査 第71回日本矯正歯科学会大会

Privatananupunt J, Watari I, Podyma-Inoue KA, Miaumachi-Kubono M, Hattori I, Honda K, Ishida Y, Yanagishita M, Ono T. The expression of the GIP and GIP receptor in rat major salivary gland. 71st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society

Hsu JC, Watari I, Honda K, Mizumachi-Kubono M, Hattori I, Ishida Y, Ono T. Molar extraction influences the distribution of fungiform papillae in the rat tongue. 71st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society

2011年

渡 一平, 米満 郁男, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史: 術前矯正治療中に一時的な下顎神経麻痺が出現した骨格性開咬症例 第70回日本矯正歯科学会大会

水町 真理子, 渡 一平, 石田 雄之, 小野 卓史: 歯根膜刺激の低下は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える 第70回日本矯正歯科学会大会

若杉 絵美奈, 渡 一平, 石田 雄之, 田中 敏章, 小野 卓史: 低身長治療薬の蛋白同化ホルモン投与により反対咬合改善後に著明な下顎の前方成長が誘発された1症例 第70回日本矯正歯科学会大会

2010年

服部 育子, 渡 一平, 小野 卓史 成長期の下顎骨機能的側方偏位が顎関節潤滑能に及ぼす影響について 第69回日本矯正歯科学会大会

武居 真希, 米満 郁男, 渡 一平, 小野 卓史 成長期における咀嚼筋力低下がラット下顎頭軟骨下骨に及ぼす影響 第69回日本矯正歯科学会大会

本田 康二, 渡 一平, 小野 卓史 咬合刺激低下はラット下顎歯槽骨微細構造に変化をもたらす 第69回日本矯正歯科学会大会

2009年

本田 康二, 渡 一平 咬合刺激下においてエストロゲン欠乏がラット歯槽骨に及ぼす影響について 第68回日本矯正歯科学会大会
 
渡 一平, 富田 大介, 福山 英治, 相馬 邦道 上下顎移動術を適用した顎変形症患者における上顎第三大臼歯の移動様相に関する検討 第68回日本矯正歯科学会大会

清水 康広, 米満 郁男, 渡 一平, 金香 佐和 成長期Angle Class II high angle症例に対しJ hook headgearを組み込んだ機能的矯正装置を使用した2症例 第68回日本矯正歯科学会大会

渡 一平, 福山 英治, 柚木 泰広, 黒原 一人, 天笠 光雄, 相馬 邦道 上顎に多数歯埋伏と垂直的劣成長を伴う成人下顎前突症例 第19回日本顎変形症学会学術集会

2008年

渡 一平, 相馬 邦道 Class II High angle小臼歯抜歯症例における上下顎第三大臼歯の咬合への参加 第67回日本矯正歯科学会大会

渡 一平, 福山 英治, 相馬 邦道 上下顎移動術を適応した症例における上顎第三大臼歯の検討 第18回日本顎変形症学会学術集会

2007年

武居 真希, 渡 一平, 米満 郁男, 櫻井 誠人, 村本 健, 相馬 邦道 成長期ラット顎関節における神経ペプチドの発現 第66回日本矯正歯科学会大会

武居 真希, 米満 郁男, 渡 一平, 櫻井 誠人, 村本 健, 相馬 邦道 液状飼料飼育が成長期の顎関節に分布するCGRP陽性神経線維に及ぼす影響について 第66回日本矯正歯科学会大会

2005年

渡 一平, 金香 佐和, 井上 カタジナ・アンナ, 柳下 正樹, 相馬 邦道 レプチンがメカニカルストレス負荷時の歯槽骨代謝に及ぼす影響 第23回日本骨代謝学会学術集会

受賞

第3回ロート製薬女性健康科学研究会研究助成賞 受賞(2011年)

妊娠中の耐糖能低下が母体の口腔内および新生児の顔面成長発育に及ぼす影響について
渡一平(東京医科歯科大学大学院咬合機能矯正学分野)

97th IADR(国際歯科学会) Innovation Award in Orthodontics 受賞(2019年)

Does malocclusion alter the gustatory function? – Histological and behavioral study using molar extraction rat’s model. Ippei Watari, Jui-Chin HSU, Erush Ren, Roody Beauboeuf, Takashi Ono. 97th IADR/48th AADR/43rd CADR General Session

日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞 受賞(2011, 2012, 2013年)

2011年
根膜刺激の低下は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響する
水町真理子、渡一平、小野卓史:第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議

2012年
唾液腺におけるGLP-1受容体の発現は咬合状態に影響される
小野理恵子、渡一平、本田康二、水町真理子、呉郁子、小野卓史:第71回日本矯正歯科学会大会

Molar extraction influences the distribution of fungiform papillae in the rat tongue.
Hsu Jui-Chin, Ippei Watari, Koji Honda, Mariko Mizumachi, Ikuko Kure, Takashi Ono. 第71回日本矯正歯科学会大会

2013年
Unilateral nasal obstruction affects the distribution of fungiform papillae in the rat tongue.
Hsu Jui-Chin, Ippei Watari, Yukiha Funaki, Satoshi Kokai, Takashi ono. 第72回日本矯正歯科学会大会

Excellent Poster board Presentation Award(Korea)受賞(2009年)

Effect of functional lateral shift of the rat mandible on lubrication of the temporomandibular joint. Ikuko Kure, Ippei Watari, Koji Honda, Maki Takei, Takashi Ono. 42nd Annual Scientific Congress of Korean Association of Orthodontists.

Influence of masseter muscle activity on the subchondral bone in the growing rat temporomandibular joint. Maki Takei, Ippei Watari, Koji, Honda, Takashi Ono. 42nd Annual Scientific Congress of Korean Association of Orthodontists.

著書

1) The Effect of Type 1 Diabetes Mellitus on the Craniofacial Complex. Mona Aly Abbassy, Ippei Watari and Takashi Ono. Type 1 Diabetes Complications In tech 2011 DOI: 10.5772/24104

2) The effect of type 1 Diabetes Mellitus on the dento-craniofacial complex. Mona Aly Abbassy, Ippei Watari and Takashi Ono. Type 1 Diabetes In tech 2013. DOI:10.5772/52973

3) Complication of Type 1 Diabetes in Craniofacial and Dental Hard Tissue. Ippei Watari, Mona Aly Abbassy, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Takashi Ono. Major Topics in Type 1 Diabetes In tech 2015. DOI:10.5772/61885

WEB予約 WEB問診
診療時間
診療時間
10:00~13:00///
15:00~19:00///

★:土曜(第2、4)・日曜(第1、3)は
午前9:00~12:00、午後14:00~18:00
休診日:火曜・木曜・祝日

電話を
かける
WEB
予約
WEB
問診
診療時間
10:00~13:00///
15:00~19:00///

★:土曜(第2、4)・日曜(第1、3)は
午前9:00~12:00、午後14:00~18:00
休診日:火曜・木曜・祝日